依頼のタイミング

| 未分類 |

離婚を考えた際、頼りになるのが弁護士です。

 
ですが、弁護士に離婚について相談をすると、その度に相談料が必要になります。
ですから、相談をするタイミングで悩む人も多いでしょう。
その際に覚えておきたいのが、離婚を考えても、必ず弁護士に相談をする必要はないという事です。
離婚について分からない事は多く、夫婦間の話し合いでも不安に感じる事は様々あるでしょう。

街
ですが、多くの人は、夫婦間の話し合いのみで離婚を成立させています。
慰謝料や財産分与など、難しい問題があれば、その時点で弁護士に相談をすると良いでしょう。
それに対して、本格的に相談や依頼をした方が良いタイミングが、離婚調停に入る前です。
話し合いで結論が出ず、離婚調停になってしまった場合、専門家の意見を聞いておく事がお勧めです。
離婚調停に対して詳しい知り合いでもいれば良いですが、よく理解しないまま離婚調停に進むと、慣れない状況の為、流されるままに話が進み、気がつけば予定と違う条件で離婚となっていたという事も珍しくありません。

 
そうした後悔をしない為にも、離婚調停が決まったら、一度弁護士に相談し、これから先の心の準備などをしておく事がお勧めです。
それにより、後悔のない離婚が可能となります。